akippa広報ブログ

akippa広報担当が更新していきます!

当社の社員を紹介します【東京編】②

こんにちは。広報の森村です。

もうすっかり春ですね。暖かいです。

洗濯物の乾きがだんだんと良くなってきたような気がします。

 

最近は洗濯物キャラが定着している私です。いえ定着させようとしています。

とりあえず柔軟剤のCM出演依頼は現在も受付中です。

今日?もちろん干していますよ(ドヤ顔)

 

さて今回は社員紹介【東京編】です。

第二弾は新規事業部の菊池です。

 

f:id:galaxy-pr:20140328120851p:plain

 

見事なミキプルーンの苗木を持っています。

 

菊池は新規事業部の『あきっぱ!』の東京方面を担当しており、

4月25日のリリースに向けて活動をしています。

 

もともと広告関係の仕事がしたかった菊池。「面白そう」という思いから、新卒1年目でギャラクシーに入社をしました。

 

長野県出身の彼にとって、東京は大都会。大学入学と共に東京に出てきたそうです。

正直長野が恋しくはないのでしょうか?

そう聞くと全然恋しくないとの答えが。

なるほど。それだけ東京での生活が充実しているということなのでしょうか。

私も都会のコンクリートジャングルに出てきてからというもの、実家からは足が遠のいています。電車で1時間の距離なのに。

「帰るのは年に1、2回」と語る菊池。

もう少しお母さんに顔をみせてあげてくださいよ!

と自分のことは堂々と棚に上げて思いました。

 

さて、恒例の「東京のいいところ、苦手なところ」を聞くお時間がやってまいりました。

第2回目にして恒例と言ってしまうあたりの大胆さがポイントですね。

最初に出てきたのは「お店がいっぱいある」という意見でした。

やはり東京の1番の魅力はそこですよね。

色々なところで買い物を楽しむことが出来ます。

 

長野ではやはりイオンにお買い物。

田舎あるあるの「大体買い物は田んぼの近くにあるイオン」というものに長野も該当するようです。

 

他にも聞いてみましょう。

次に出てきたのは「情報が早い」という意見。

わかりますよ。大阪でさえちょっと遅いと思っていました。

流行の発信地、東京。情報を早く得られるというのはやはり強いと思います。

 

食事面ではどうでしょうか。

長野といえば、100人中120人がおやきと答えるぐらいおやきが有名ですが、私はそれを知りませんでした。長野県民様申し訳ありません。(ジャンピング土下座)

でもおやき…高校の学祭とかで売っていたような…

 

東京では見かけないらしく、このおやきが恋しくなるそうです。

長野県は恋しくないけれども、おやきは恋しい菊池。

どれくらいの頻度で食べるか聞いてみたところ

「年3回ぐらい…」

想像以上に少ないですね。

ちょっとしたバンドが生涯に出すCDの枚数ぐらい少ないです。

ちなみに切り干し大根がイチオシだそうです。

 

東京の嫌なところで1番に上がったのが通勤電車。

まず人が限りなく多く、そして暑い、臭い、狭い…

毎朝のことだと確かに大変ですね。

たしかに東京に行った際に、私も何度か通勤電車に揉まれ、身も心もボロボロになった経験がありました。ライブに近いですね。あの感じ。

あと関係ないですが、駅が全部迷路みたいですよね。もうアトラクションです。

いつか目的地に着くだろうと思っていましたが…危うく新宿駅で遭難をするところでした。方向音痴にとっては、駅でさえも危険地帯です。

 

さて次は趣味を聞いてみましょう。

趣味はスケボーだそうです。東京ではブームが到来しているのでしょうか?

去年からはじめて、夏は土日はほとんどやっていたそうです。

 

スポーツキャラな(私の中で)菊池。

中学生の頃には野球、高校になると1年間だけバスケをしていたそうです。

野球はファーストを守っていたそうです。

もう予想通りですね。ぽいです。

江藤が好きだったそうです。時代を感じます。

 

ほかにも、休みの日はライブに行ったり、バンドやギターをやっていた時期もあったのだそう。

とりあえず多趣味ですね。浅く広くなタイプだと語る菊池。

いやいや、なんでも器用にこなせることが羨ましいです。

ちなみに私はバスケをするとき、「ゴール前の守護神」と呼ばれ恐れられていました。

ビックリするぐらいゴール前にいたからだと思います。全然守護できていなかったけど。

 

好きな食べ物も聞いてみましょう。

そりゃあもうおやきですよね。と聞いてみたら

衝撃の大学芋。

いやいや笑いはいらないですよ(真剣)と詰め寄ると

あまさといい、ねばっとした触感。そとは硬く、中は柔らかくて美味しい(真剣)

と語っていました。 その眼はとても輝いていました。

人生最後の夜も食べたいそうです。

正真正銘の芋男子ですね!認定しておきます。権限はないですが。

 

嫌いな食べ物を聞いてみましょう。

らっきょ、パクチー。

パクチーはすごく共感ができました。あれはもはや敵です。

ちなみに会社では食べる量では誰にも負けないそうです。

ぜひ菊池とご飯に行く際は、食べ放題のお店に行くことをお勧めします。

 

では最後に会社での意気込みを…。

「あきっぱ!を全国民が使うぐらい広めたい!」と熱く言う菊池。

田舎での生活は車が必須です。

いずれは故郷の長野にも「あきっぱ!」が広がるようにしたいと夢を語ってくれました。

 

広告を非表示にする